こんにちは、弁護士の鳥井です。
とある雑誌に載っていた話なのですが、日本では見かけない珍しいアメリカの交通ルールに「all way stop」というものがあります。
これは、信号機のない交差点で車が一時停止した場合、一時停止した順に交差点に進行して良いというルールです。
(同じタイミングの場合は、右側が優先するようです)
 
このルールの利点としては、とてもわかりやすく、かつフェアなところです。
いろいろな人種の人が生活しているので、ルールを誰にでも感覚的にわかりやすくする。
こういうところも、アメリカの車社会を裏から支えているのかもしれません。
 
ところで、日本で免許取得する際、学科試験を受けたりしますが、
中には意地悪なヒッカケ問題があったりして、何のための試験なのか、疑問に思うこともあります。
それでいて、法律はわかりにくい。
 
規則は厳格にすればするほど、わかりにくく、かつ納得できなくなることが多いです。
もちろん、社会の変化に応じて規則を変えることは必要ですが、
誰でもわかるようなルールを増やすほうが結果的に交通安全に資するのかなと思います。