私たちの事務所は、交通事故被害者側の案件がその業務の多くを占めます。そのため日頃から、「不法行為」「損害賠償」といったことをたくさん取り扱っているのですが、そのような私たちの仕事について、ふと考えさせられるようなことがありました。
憲法学者である木村草太 首都大学東京准教授が最近、「これは何かの冗談ですか? 小学校「道徳教育」の驚きの実態 法よりも道徳が大事なの!?」というタイトルで、小学校のある道徳教材について批判する文章をインターネット上に載せられました(「現代ビジネス」平成28年 1月26日)。
その道徳教材は、概ね以下のようなものです。

小学6年生のつよし君が、運動会の前日に組体操の練習中、事故に遭って骨折してしまいます。その原因は、級友の一人であるわたる君がバランスを崩したことでした。わたる君は「ごめん」と謝りますが、つよし君は許すことができません。
そんなつよし君に、母親が「一番つらい思いをしているのは、つよしじゃなくてわたる君だと思う。」「でも、つよしが他の人にけがさせていた方だったらお母さんはもっとつらい。つよしがわたる君を許せるのなら、運動会に出るよりも、もっといい勉強をしたと思うよ。」と語ります。
つよし君の心に、「今一番つらいのはわたる君」という言葉が強く残ります。そして、その夜、つよし君はわたる君に電話しようと決意します。

この話について木村准教授は、「骨折という事故の重大さは、まるで語られていない。」とした上で、学校内では「学校内道徳が絶対にして唯一の価値とされ、もはや法は眼中にない。法の支配が学校には及んでいないようだ。これは治外法権ではないのか。」と論じられます。そして、学校でも道徳ではなくて法の教育を行う方が重要であると主張されます。
この寄稿を拝読したとき、「なるほど、このような見方もあるものだな。」と私は思いました。ただ、実際のところこの道徳教材の話では、学校では法的責任を不問にすべきだとか、法律論を持ち出してはいけないとは一言も述べていません。ですから私は、この話には法を否定する意図は決してないと思います。
この話はむしろ、何らかの形で法の担い手となる現代社会の市民として、欠くことのできない大事なことを教えているといってよいのではないでしょうか。
先ほどの事案ではもちろん、学校や担任教員の安全配慮義務違反等という構成で法的責任を議論することは可能です。「組体操」の是非は近年問題になっていますが、明らかに生徒の技能や体力を超えたものを要求するなど、教育的・社会的に見ておかしいと思われるような場合には、そういった形で責任を明確にする方が、社会公共のためにプラスになることも多いでしょう。

しかしながら、法は過酷なものです。例えば損害賠償請求事件では、原告(被害者)が被告(加害者)の過失、自分の損害等を可能な限り大きく主張し、これに対して被告は真っ向からこれを争うというやり取りが行われます(調停やADR、示談交渉でさえそれに近いことはあり得ます。)。私たちのお客様の中にも被告からの準備書面を見て、「私が悪者であるかのように言われている。気分が悪くなる。」と言われる方が少なくありません。双方が自分の最大限の言い分をぶつけ合って、その中から妥当な解決を導くというのが法の適用(あるいは権利の実現ないし回復)の過程の現実なのです。
そして、被告に支払能力があると否とに関わらず、裁判所は何千万円、何億円でも損害額を算定し、その支払を命じます。加害者が(保険等に入っていなかったため)、多額の賠償責任を苦にして自殺した例さえあります。良心の呵責に苛まれたとためという人も少なくないでしょう。先ほどの「今一番つらいのはわたる君」ということも、そういう含みを持たせて考えると(わたる君ないしその保護者がそのような憂き目に遭うことは、極めて少ないでしょうが)、意味深長なものがあります。

このように、法は人を著しく痛めつける大変恐ろしい劇薬ないし武器であるといえます。ですから、相手の人格を認め、少なくとも幾分かは許すという気持ちがなければまことに悲惨なことになりかねません。いわばルールのないボクシングのようなことになってしまうでしょう。
「法よりも道徳が大事なの!?」という問に対しては、このように考えてみると、論者とは別の意味合いかもしれませんが、「Yes」と答えてよいのではと私は思います。それは人がすべからく、法を扱う前段階で身につけておくべきことだからです。