過失割合とは

交通事故が起こった場合,よく問題になることの1つに,「過失割合」というものがあります。これは,当事者双方の過失(不注意)の度合いを割合で表したもので,賠償額算定の基礎資料になるものです。
例えば,A・Bの2人が当事者となり,過失割合がA:B=2:8である場合,BはAに発生した損害の80%を,AはBに発生した損害の20%を賠償すべきということになります。Aに1000万円,Bに300万円の損害が発生した場合,BはAに800万円,AはBに60万円賠償することになります。

交通事故における過失割合の決め方

交通事故における両当事者間の過失割合は,平たくいえば,注意義務違反行為があったか(あればその違反の大きさはどうか),注意を払っていれば事故を避けることが可能であったかという点から決められます。
実際には,ほぼ事故の類型ごとに大体の過失割合は決まっています。被害者の過失ゼロとされるのは,自動車同士の場合,加害者の追突やセンターオーバーのように,通常事故の回避が不可能だったと考えられるようなケースです。
また,歩行者と車の事故でしたら,同じような態様の車同士の事故と比べて,基本的に歩行者の方が過失割合は低くなります。四輪車(いわゆる車)>バイク>自転車>歩行者という順に,注意義務は高くなるのです。

過失割合を巡ってのトラブル

人は誰しも,自分は悪くないと思いたいのでしょう,事故になればよくこの過失割合を巡って争いになります。実況見分調書を見れば大体の事故状況は分かることが多いものの,必ずしも正確・詳細に書かれていないことも少なくないので,そういう場合は中々厄介です。被害者が入院していたため,加害者の言い分がそのまま通って不正確な図面が作成されることもあるようです。そういった事情のため,裁判では過失割合を巡って延々と尋問になることもあります。物損事故では,加害者が「自分は悪くない!」と言い張って修理代を払って来ないようなトラブルもあります。
私の経験でも,1審で認定された過失割合がおかしいと考えたので控訴したところ,2審では当方の主張が認められ,かなりアップした額での和解が成立したこともあります。実況見分調書の図面が不正確だったのですが,1審はそれをそのまま鵜呑みにしてしまっていたようです。

疑問点があればぜひご相談を!

過失割合については,保険会社同士の話し合いで事実上決められてしまい,ご自身の言い分が通りにくいということがままあります。
ですから,疑問があればぜひとも早期にご相談下さい。