症状の程度・重さに応じて、1級から14級までの区分がされています。数字が小さいほど症状が重いとされ、補償金額も増加します。

下位の等級では、社会通念上「障害」とも認識されない(身体障害者の要件にも該当しないでしょう)ような程度のものがほとんどなので、自分の症状が「後遺障害」に該当するなど全く思い至らないままに終わってしまう被害者の方も多いかと思います。

ですから、交通事故に起因して発生した何らかの症状が気になる方は、ぜひとも専門家に相談し、等級該当の可能性を探られるのが大事です。