「腰椎捻挫」「腰部捻挫」などと呼ばれる症状は、腰に瞬間的に大きな力が加わった時に発生するもので、頚椎捻挫と同時に発症することが多いです。交通事故においてはいわば両者がセットのような関係にあるといっても過言ではないでしょう。
腰や背中の痛み・しびれといった症状が発生し、歩行が困難になることも多いです。

むち打ちに関するその他の解説