眼窩底骨折(眼窩吹き抜け骨折、眼底骨折)の症状

眼窩底骨折の症状には、物が⼆重に見える(複視)、眼を動かすことができない(眼球運動障害)等があり、脳につながる神経(視神経)を圧迫した場合も視力障害を起こす可能性があります。

複視

後遺障害等級の対象になる複視は?

複視は、ものが二重に見える状態です。ただ、片目で見たときに二重に見える「単眼複視」は後遺障害等級は認められません。両目で見たときに二重に見える「両眼複視」が後遺障害等級の対象になります。

複視の程度

ヘススクリーンテストという検査によって、負傷した側の像が水平方向又は垂直方向の目盛りで5度以上離れた位置にあることが確認される必要があります。5度未満であれば後遺障害等級に該当しません。

複視の種類

複視には正面視での複視、左右上下の複視の2種類があります。
正面視での複視は10級2号、左右上下の複視は13級2号が該当します。

斜視

斜視とは?

斜視は、両眼の視線が同じ方向に向かない状態です。
眼球運動を司る筋肉(眼筋)は各眼に3対あるのですが、眼筋の1個あるいは数個が麻痺してしまうと眼球運動が制限され、斜視が生じます。

斜視の程度

斜視は、眼球に「著しい運動障害を残すもの」についてのみ後遺障害等級が認められます。眼球の「著しい運動障害」とは、頭部を固定し、眼球を運動させて直視できる範囲(注視野)が2分の1以下に減じたものをいいます。そのため、2分の1以下に減じなかったものは、斜視があっても、後遺障害等級に該当しないのです。

後遺障害等級

「両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの」は11級1号に該当します。
なお、両眼の注視野を合わせて2分の1以下に減じたものではなく、各眼の注視野が2分の1以下に減じたものでなければなりません。
「1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの」は12級1号に該当します。

視力障害

失明

「失明」とは、眼球を摘出した状態、明暗すらもわからない状態、ようやく明暗ならわかる状態のことをいいます。  

視力低下

視力低下による後遺障害等級が認められるためには、眼鏡やコンタクトレンズなどで矯正しても視力が低下していることが必要です。眼鏡やコンタクトレンズなどによって矯正ができる場合には、裸眼での視力低下があっても、後遺障害等級に該当しません。