交通事故無料相談会(三国ヶ丘会場)のご案内

堺太陽法律事務所の相談風景堺太陽法律事務所では、毎月、堺や松原・藤井寺といった南大阪を中心に交通事故出張無料相談会を開催しております。
当相談会に来られる方のお悩みは毎回様々です。
事故態様としましても、

  • 追突事故や出合い頭の衝突事故
  • 側面衝突などの多く見られる自動車同士の類型の事故
  • 自転車やバイクの事故
  • 最近では、歩行者と自転車との事故

と幅広い相談を頂いております。
交通事故の被害に遭われた方のお怪我も様々で、頚椎捻挫・腰椎捻挫などによる、首・肩・腰の痛みや手のしびれ、関節の可動域制限、醜状痕など様々です。
不幸にも交通事故の被害に遭われ、治療のことや保険会社との交渉について不安を抱えておられる方は、「このようなことを相談しても大丈夫なのだろうか」「弁護士の敷居が高すぎる・・・」などと悩む前に、お気軽に当相談会にお越し下さい。
どのような悩みであっても、経験豊富な弁護士があなたにあった解決方法をアドバイス致します。
事故直後からのご相談も可能です。早期相談が解決への近道です。まずは、御連絡をお待ちしております。
交通事故専用お問い合わせフォーム


堺で交通事故と借金問題に強い弁護士による無料相談会
» 折り込みチラシのダウンロードはコチラから!

相談会日時・会場案内

日時:平成30年9月1日(土)午前10時から正午まで

場所:堺話し方学院 第3教室
会場所在地:〒590-0024 大阪府堺市堺区向陵中町4-7-30 三国ヶ丘NDビル3F
必要書類等:交通事故に関する資料一式のほか、自動車保険の資料をご持参下さい。

お申し込み方法

当日は予約制となっております。まずはお電話又は下記フォームにて予約をお願い致します。
お申し込み方法

・お電話(0120-932-985)からお申し込みいただけます(受付時間:平日午前9時30分から午後6時まで)。
・下記「交通事故専用お問い合せフォーム」からもお申込頂けます。
交通事故専用お問い合わせフォーム

無料相談会場案内図

丁寧に対応致します

年間数百人という交通事故の被害者の方々と接してきてわかったことは、”被害者の方々の状況はそれぞれ違う”ということに尽きます。例えば、一言に「頚椎捻挫」といっても、どの部位(C1~C7)を受傷したのか、脊髄圧迫なのか、左右神経根圧迫なのか、圧迫の程度・深度はどの程度か等によって、実際に体に表れる症状は大きく異なります。

お医者さんに任せておけば安心?

私たちは、お医者さんといえば「医学的な知識が豊富で、身体のことは何でも知っている。」と思いがちです。しかし、お医者さんも万能ではありません。例えば、多くの交通事故の被害者の方々が通院されることになる整形外科のお医者さんは、実は、レントゲン等の画像を見ることはあまりありません。このような画像を分析して悪いところを見つける読影医の方に画像の分析を外注していることが多いのです。
「お医者さんに難しいと言われたから・・・。」とあきらめないでください。

私たちと共にもう一度、本当に後遺障害等級が認定される余地はないのかどうか、徹底的に考え、調べてみてはいかがでしょうか。

交通事故に精通した弁護士によるアドバイス

交通事故により不幸にも後遺障害が残存してしまい、苦しんでおられる方も多くいらっしゃると思います。現に、後遺障害に苦しんでおられる方であっても、自賠責保険の後遺障害等級(1級から14級。合計128項目)に該当するとの判断を受けなければ、相手方保険会社より満足のいく金額の賠償を得ることは難しいと言わざるをえません。
当相談会では、医療・交通事故外傷と後遺障害に特化した知識を持つ弁護士が、後遺障害等級獲得のために留意すべき点をアドバイス致します。
さらに、後遺障害等級を獲得できたとしても、交通事故に遭われた被害者の方がご自身で相手方保険会社と交渉することは困難を伴います。
また、交通事故における損害賠償は独自の枠組みを有しており、交通事故案件を扱った経験の少ない弁護士に依頼したのでは、やはり満足のいく損害賠償を得ることはできません。
当事務所では、交通事故案件を多数取り扱ってきた経験をもとに、交通事故に精通した弁護士が、相手保険会社との交渉を進めていく上でのアドバイスを致します。

当相談会にお持ちいただきたいもの

当相談会に是非お持ちいただきたいものがあります。
まず、CTやMRIの画像(CDにしたもの)です。当事務所では年間を通して何百もの画像を読影してきた経験から、ご相談者様の現在の状態(手足にしびれや重だるい感じがないかなど)をその場で確認する場合もございます。
次に、自動車やバイクの保険証券です。「弁護士にお願いするには、費用がかかる・・・。」となかなか尻込みをしてしまわれる方がいらっしゃいますが、もし、ご相談者様の保険に「弁護士保険特約」という特約にご加入の場合、最大300万円まで、弁護士費用を保険会社が負担してくれます。これを使わない手はありません。しかしながら、弁護士介入に関して全面的に負担してくれる特約なのか、弁護士に相談する分は負担してくれるがそれ以外は負担しない特約なのかなど、保険会社によって契約内容は様々です。そこで、保険が使えるか否かを確認するために、保険証券をお持ち頂いております。
その他、保険会社からの示談提示が出ている場合は、「示談案」の書面、後遺障害等級の結果をお持ちの方は、「認定票」と「後遺障害診断書」をご持参いただく場合がございます。
詳しくは、ご予約の際にお尋ね頂けますと幸いです。