子どもが大きくなると、習い事や学校行事でなかなか旅行に行けなかったりするのですが、今回たまたま家族全員の予定が空き、子どもが以前から行きたいと行っていた、ハウステンボスに行くことができました。
(1日目:曇り)
3時頃現地到着。

気候は大阪に比べて暖かく、一日中外にいても、問題なく過ごせました。
というと語弊がありますね。
というのも、ハウステンボスは、夜のイルミネーションの迫力がすごく、どのエリアにいっても、全く違うイルミネーションを楽しめるようにできていました。
中でも、3Dマッピング(今回一番楽しみにしていたもの)を3パターン見たのですが、どれも全く違う出来映えに驚きました。
3Dマッピングは大体5分程度なのですが、最前列で見ようと思い、広―い庭園に20分くらい待たされた時は辛かったです。
北風が冷たく、周りのカップルはイチャイチャして、暖かそうでうらやましかったです。
それを見た我が子は「リア充、リア充がいる!」と連呼していました。
(余談ですが、この話をわが事務所の代表に話したところ、「リア充」ってなんや。という話になり、「リアルが充実していること」と若い先生に説明されていました。説明されてもピンと来ていなかったことは、今回は伏せておきたいと思います。)

 

 

 

 

(2日目:晴れのち曇り)
園内のホテルに滞在したので、朝早くから観光客のいない園内を散歩しました。
出勤してくるクルーの皆さんに挨拶されながら、ここが日本であることを忘れさせてくれる空間を楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

飛行機の関係で、お昼までしかパークにいられないので、慌ててお土産を物色。
途中、子どもが、自転車に乗りたいといい、4人乗り(前2人・後ろ2人乗り)の自転車を借りました。
これで色々まわれると思いきや、この自転車、ハンドル操作が後ろの席にしかない。
おまけに、煉瓦を引き詰めた道路のため、ガタガタ揺れておしりが痛い。人も行き交うため、ふらふら蛇行運転するしかない。ちょっと進むと人にぶつかりそうになり、その度に、『この自転車、保険に入っているのか?加害者案件?先生方は受任してくれるだろうか?』なんてことをずっと思っていました。
結局、5分もしないうちに自転車を返却。徒歩に切り替えました。
(まとめ)
我が家では、アミューズメントパークというところに行くことがほとんどない(もっぱら温泉旅行なので)ので、かなり楽しめました。
個人的にも、1日目:23000歩、2日目:22000歩を記録。
毎年恒例のカニ旅行を諦めてまで、行った甲斐がありました。
代表!事務所旅行にここどうですか?(笑)

以下、個人的に気に入っている写真です。